▼プロフィール

▼最近の記事

▼カテゴリー

▼最近のコメント

▼過去の記事

カナダ記録11:ツアーのラストパフォーマンス

│2018.10.09 Tuesday│松樹カナダツアーcomments(0)

さあ、夜はこの旅ラストのパフォーマンスです。

 

そもそも、この日のイベント(大学でのワークショップ&パフォーマンス)のオファーがきっかけとなり、今回のカナダツアーが生まれたのでした。

ありがたや。

 

 

着物に着替えて会場に戻ったら、まだ前のイベントが終わっていなくて待たされるの図。

 

 

 

会場が空いてから、急いで準備。

 

開演まで1時間も無い…(ギャー)

 

書と花のパフォーマンス準備、かなり大変なのです。

 

本当は数時間欲しいところを、数十分で慌ただしく準備して、、、

 

 

 

 

スタート!!

 

 

この会では、松樹4人に加えて、今回この地に呼んでくださったノーマンさん(チェロ奏者)と、その友人のバイオリニストさんも最初から即興で加わって頂きました。

 

 

 

 

はあ、ドキドキした。

 

チェロとバイオリンが入ったら、琵琶の音は(音量が小さいので)消えちゃうだろうと思っていたのですが、、、。

 

そこは、お二人ともさすがインプロビゼーションのプロ。

 

こちらの音量や音色をちゃんと意識しながら、呼応してくださる。

 

 

 

 

なるほど〜〜

 

インプロってこういうことなのか〜

 

 

 

 

(あ、そもそも優れたインプロヴァイザーである山㟁さんも、以前から普通にそういうことをしてくれています。私の感度が鈍すぎて、ようやくこの旅を通してちょっと分かってきたということです・・・まだ先は長い…。)

 

 

パフォーマンスには、大学の生徒さんが作った花器を使わせてもらったりしました。

 

 

 

 

終了後の、質問コーナー。

 

 

ありがとうございました!!

たいへんお世話になった通訳の葉子さんと記念撮影。

 

 

これで今回のツアー記録は終わりです。

楽しく、勉強になる旅でした。

 

カナダ、松樹でまた行けますように。

 

 

│2018.10.09 Tuesday│松樹カナダツアーcomments(0)

カナダ記録10:ワークショップ3本勝負

│2018.10.09 Tuesday│松樹カナダツアーcomments(0)

最終日は、NASCAD University という芸術大学にあるBarで、学生さん対象のワークショップと、一般公開のパフォーマンス。

 

この通りに会場の「ART Bar」があります。

 

ちなみに、真ん中にあるのは、スポーツジムの看板。

 

 

こんな感じの建物です。ステキです。

 

 

 

建物と私。

 

 

お店の前に置いてくれた看板。

 

ワークショップとパフォーマンスの間には、別のイベントが入ってます(笑)。

 

 

 

 

 

さて、ワークショップは30分を3回…と聞いていたのですが、

 

30分の中に、いけばなと書の両方を詰め込めるわけもなく…

 

結果的には、ほぼ1時間を3回、3時間ぶっ通しの状態になりました。

 

 

準備中。

 

ちなみにこちらの空間、今はイベントスペースになっていますが、以前はレストラン、さらにもっと前(最初)はキャバレーだったそうです。

 

なるほどね〜〜!!と納得の装飾です。

 

 

 

ワークショップ前に、腹ごしらえ。

 

道を挟んだ向かい側にあるサンドイッチショップでサンドイッチを購入。

美味しかった。

 

 

 

そして、ワークショップスタート!!

 

ワークショップはまず、いけばな体験から。

 

この日は現地在住の日本人の方が通訳に来て下さったので、進行もスムーズ。

たいへん助かりました。

 

 

見てください!

真剣に指導する塚越先生の後ろの、金色のひらひらしたもの!笑

 

キャバレーとかショータイムの時は、ここから女性が登場してくるのかなぁ?

 

 

学生のみなさん、真剣です。

 

 

私と山㟁さんは、ひたすら黒子。

 

 

 

そして、後半は書道体験です。

 

今回も書いてもらう字は「翠」・・・むずかしい〜…(笑)

 

 

そこはしかし、さすが芸術大学の生徒さん。

 

みなさん、器用に書いちゃうんです。

 

 

ちゃんと「翠」になってるし、個性も出てるし!!

 

 

マスターピース!!

 

 

皆さん、とっても楽しそう。

 

 

最後は私たちも参加(笑)。

 

筆を持つのも墨を使うのも、子供の時(10代)以来。

上手くも書けず、個性も出せず、なんだか悔しかったです(笑)。

またやりたいです。

 

 

雪妃さんと塚越さん、お疲れさまでした。

いったん、宿に引き上げて、夜のパフォーマンスの準備です。

 

 

 

 

│2018.10.09 Tuesday│松樹カナダツアーcomments(0)

カナダ記録9:晴天のハリファックス(夜)

│2018.10.08 Monday│松樹カナダツアーcomments(0)

夜はイベントスペースにて、いけばなと書道のアットホームなワークショップ。

 

参加者はダンディな男性たち。

 

 

 

先生による、きびしい指導。

 

 

これ、全然お手伝いができないんですよね・・・。いけばなができないから。

 

ウロウロと見守ることしかできない・・・。

 

 

 

さて、いけばなの次は書です。

 

「翠」という字を書いてもらいます。

 

ハードル高い!!!

 

日本人でも、この字はなかなかすんなり書けないのでは・・・。

 

最初はお手本を見て書き、後半は美しさにこだわらず自由な気持ちになってオリジナルの書を書いてもらいます。

 

 

私たちも交代で参加(笑)。

 

 

ベストの一枚に、スタンプ。

 

 

 

そして、短時間でしたが、4人でのパフォーマンスも行いました。

 

短くても短いなりに、良い感じの時間になりました。

 

 

解説中?

 

 

よい枝っぷり。

 

 

これ、すてきだったなぁ。

 

 

参加者がスタジオのコルクボードに、さりげなく今日の作品を貼って帰っていました。

 

 

帰宅して、この日もパスタ。

 

おいしゅうございました。

 

 

 

 

│2018.10.08 Monday│松樹カナダツアーcomments(0)

| 1/133PAGES | >>